身内問題に翻弄されたままユニフォームを脱ぐ高橋由伸監督 - 日刊野球ネイション

高橋由伸,辞任

身内問題に翻弄されたままユニフォームを脱ぐ高橋由伸監督

読売ジャイアンツに関する記事


ツイート


このページの主な内容


logo-giants.gifのサムネール画像

読売ジャイアンツの高橋由伸監督が辞任を発表した。筆者個人の思いとしては、まったく望ましいニュースではなかった。できれば高橋監督にはもう少し監督を続けていただき、ジャイアンツを再建してもらいたいと思っていた。だが就任3年間で優勝争いに加われたことはほとんどなく、カープの独走を許し続けてしまった。高橋監督の言葉が胸に染み渡る。「責任を取るのが俺の仕事」。実に一軍の将として相応しい言葉だと思う。


原辰徳監督の退任を受け、現役を退き監督に就任したのは2015年オフだった。2015年と言えばジャイアンツがリーグ三連覇を果たした直後に2位になった年であり、高橋監督はそのチームを預かり受ける形となった。だが三連覇を果たした頃の戦力はやや下降傾向にあり、高橋監督の仕事は世代交代とチーム若返りを実行することだった。そういう意味では世代交代は着実に進んでいたとは思う。

だがチーム力という意味ではやはり三連覇の頃よりは低下しており、2015年は優勝したスワローズとは1.5ゲーム差だったのが、高橋監督就任1年目の2016年は同じ2位でも優勝したカープに17.5ゲーム離されてしまった。完全にカープの独走を許してしまったことになる。しかしこの状況を変えることはできず、昨季2017年は16.5ゲーム差離されての4位、そして今季2018年は残り1試合で優勝したカープに14.5ゲーム差離されての3位に低迷している。低迷していると表現したのは、3位とは言え66勝71敗と負け越しているからだ。

しかし高橋監督はどれだけの期間、最良のコンディションで指揮を執ることができたのだろうか。高橋由伸監督就任と時を同じくし、ジャイアンツは野球賭博事件に激震した。なんと球界の盟主であり「巨人軍は紳士たれ」と言われたチームから、複数の選手が野球賭博に関わっていたことが判明した。野球賭博とはまさに球界を揺るがす大問題であり、決してジャイアンツだけの問題には止まらない。それが球界の盟主であるジャイアンツから出てきてしまったのだから、これは大問題という言葉ではとても表現しきれないような状況だ。

このような状況でチームを1つにまとめ、そのチームを優勝に導くことは容易ではない。その結果就任1年目は2位で終えたとは言え、カープとの差は17.5ゲーム差と広げられ、鯉の尾さえ見えない状況だった。だがチームが激震に耐えている中、それでもよく2位という数字を残せたと思う。確かに優勝とは程遠い2位ではあったが、しかしこの2位は数字以上に評価されてしかるべき2位だったと思う。

だが翌年以降もジャイアンツはチームを立て直すことができない。2017年5〜6月にかけ、ジャイアンツは悪夢のような13連敗を喫してしまう。これはジャイアンツの球団ワースト記録となってしまい、この責任を取り堤辰佳GMが辞任し、鹿取義隆GMが誕生した。だがこの鹿取GMも、高橋監督の辞任と時を同じくし解任されてしまう。

そしてこの連敗の直後、今度はFAで獲得した投手が泥酔して大暴れするというニュースが報じられてしまう。もはやジャイアンツはまったく紳士的な球団ではなくなってしまい、ジャイアンツブランドの価値は急降下していってしまう。

さて、すっかり弱体化してしまったジャイアンツだったが、チームがこのような状況にあってもジャイアンツからは再び、頭が悪いとしか言いようのない行動を取る選手が出てきてしまう。飲食店で酔っ払って裸になり、その写真をSNSに投稿したり、はたまた同僚選手たちの道具を盗み転売する選手まで出てきてしまう。正直言って、これはもはや球団の教育云々の問題ではないと思う。球団が選手に対し教育を行っていなかったとは考えられない。それでもこのような頭の悪い行動を取ってしまう選手が続出しているのだから、これはもはや球団の責任ではなく、選手個々の人格の問題ではないだろうか。

ちなみに窃盗事件が発覚した直後、「プロ野球では昔から普通にある出来事だった」と語ったプロ野球OBがいたが、彼の言葉にもまた、知性の欠片は微塵も感じられなかった。球界が問題に苦しんでいる中、なぜ球界OBがわざわざ球界をさらに苦しめるようなことを言うのだろうか。おそらくメディアから金銭を得るために喋っているのだろうが、できれば元プロ野球選手としてのプライドを持ち続けていて欲しかった。筆者は彼に対し大いに幻滅してしまった。

日本のスカウティングではほとんど行われないのだが、メジャーのスカウティングでは身辺調査もしっかりと行われる。例えば高校・大学のチームメイトや同級生に取材をし、その選手が普段どのような人柄であるのかを調べるのだ。例えばチームメイトがミスをした時に、スカウトがいない場ではどのような姿を見せるのか、など、普段の人柄まで徹底的に調べ上げる。これはプロ野球をビジネスと考えるのであれば、現代においては本当に必要なリスクマネジメントと言えるのかもしれない。

さて、チームにこれだけ立て続けにトラブルが起こってきた中で、高橋監督にどのようにして優勝しろと言うのだろうか。もちろん球団は高橋監督を慰留したようだが、高橋監督の意志は固かった。敗戦の責をすべて自らの双肩に担い、20年間着続けた24番のユニフォームをいま脱ごうとしている。筆者は本当に残念でならない。

高橋監督にはチームに何のトラブルも起こっていない状況で指揮を執らせてあげたかった。誰も野球賭博などせず、酔って暴力を振るったり、人前で裸になったりせず、誰も窃盗などしていなければ、きっともっと違った結果になっていたはずだ。だがもちろん高橋監督はそのような愚痴は一切こぼさない。このような状況に於いてもチームを優勝させるのが自らの仕事だと言っているかのように、高橋監督は指揮官としての誇りを貫き通した。

球団は高橋監督に何らかのポストを用意する姿勢も見せているが、これに関してはまだ何とも言えないのだろう。高橋監督自身、少し休みたいという気持ちも少なからずあると思う。そう考えるならば球団は高橋監督との友好な関係を維持しつつ、将来的な監督再登板に向けてゆっくりと準備をしてもらう、という選択肢もあるのだと思う。

カープが大きな実力を身につけ、逆にジャイアンツは身内の問題に翻弄されたこの3年間。高橋監督には本当にお疲れ様でしたと、筆者はスタンドから声をかけてあげたい。慶應大学時代から見続けていたスター選手がこのような形でユニフォームを脱ぐのは非常に寂しいものではあるが、将来的な監督再登板を期待しながら、記事を締めくくりたいと思う。

2018年10月05日

ツイート


前のコラム 埼玉西武ライオンズリーグ優勝までの10年間の軌跡 後編









日刊野球ネイションの記事はすべて筆者ことKazuが個人見解の元、すべてオリジナルで作成いたしております。無断転載はお断りしておりますので、転載・転用をご希望の方は必ずご一報くださいませ。ご協力よろしくお願いいたします。
日刊野球ネイション

Copyright(C) 2015-2018
日刊野球ネイション
All Rights Reserved.