プレミア12,侍ジャパン

トップページ > プレミア12
2015年11月08日

第1回プレミア12で課せられた侍ジャパンの使命

logo-npb.gif本日11月8日より、いよいよ国際野球大会「プレミア12」が開幕する。侍ジャパンはグループBに所属し、初戦は本日19時に札幌ドームでプレイボールとなる。しかもその相手は宿敵である韓国だ。初戦から熾烈な戦いが予想されている。


侍ジャパンオフィシャルサイトより

国際野球大会にはもうひとつ、WBCという大きな大会がある。WBCとプレミア12の違いについてだが、WBCは基本的には国際野球連盟に加盟している国であれば出場可能だ。しかしプレミア12はそうではなく、直近4年間の世界ランク上位12チームしか出場することはできない。ちなみに現在の世界ランクは下記の通りとなる。

  1. 日本(グループB)
  2. アメリカ(B)
  3. キューバ(A)
  4. 台湾(A)
  5. オランダ(A)
  6. ドミニカ(B)
  7. カナダ(A)
  8. 韓国(B)
  9. プエルトリコ
  10. ベネズエラ(B)
  11. イタリア(A)
  12. メキシコ(B)
上記は男子のランキングであるわけだが、女子に関しても現在は日本が世界ランク1位となっている。この結果だけを見ると日本は野球最強国とも思えるが、しかし現実はそうではない。今回のプレミア12もそうだが、アメリカ代表はほとんどすべてがマイナーリーガーなのだ。

2013年度のWBCでは多くのメジャーリーガーが出場したが、しかしスーパースターは数えるほどしか出場せず、最強軍団と言えるチームではなかった。にも拘らずアメリカは世界ランク2位を維持している。仮にアメリカがスーパースター軍団を結成していたら、日本は太刀打ちできなかっただろう。一方の日本代表はまさに国内最強チームで挑んでいる。だが現役メジャーリーガーの出場は今回も見送られた。そういう意味では最強と言い切ることはできないのかもしれない。

国際野球連盟は、WBCを「野球の世界一を決める大会」であると位置付けている。つまり今回のプレミア12は大きな国際大会ではあるが、世界一の称号を得られる大会ではないのだ。その理由はやはり、世界ランク上位12チームしか出場することができないためだ。

なぜメジャーリーガーが国際大会に積極的に出場しないのかと言えば、それは球団が選手の怪我を嫌うからだ。球団はメジャーリーガーに対し数億〜数十億という年俸を投資している。もし国際大会で怪我でもされてシーズンを棒に振ることになれば、その投資は無駄になってしまう。

今後プレミア12やWBCにメジャーリーガーが積極的に出場できる状況にするためには、保険を充実させる必要があるのかもしれない。国際大会で怪我をしたと認定された場合、球団側に保険金が支払われるシステムを整えていかなければ、今後もメジャー球団が積極的に所属選手を国際大会に派遣することはないだろう。

さらに言えば中南米で行なわれているウィンターリーグ(9〜2月)と開催時期が被ることもネックとされている。ウィンターリーグは個人が活躍をすれば報酬が支払われるが、国際大会ではチームが勝たなければ配当金は手に入らない。手に入ったとしても微々たるものだ。このようなサラリーに関する面においても、今後は更なる改善が必要となるだろう。

さて、プレミア12に出場する日本代表はメジャーリーガーは欠いたとはいえ国内最強軍団を結成している。マイナーリーガーしか出場していないアメリカに負けることなど絶対に許されることではない。優勝なら最高、最低でも優勝というのが侍ジャパンに課せられた使命と言えるのではないだろうか。

1次ラウンドはグループA・Bそれぞれ6チームずつで総当たり戦を行い、上位4チームずつが決勝トーナメントに進出することができる。つまり優勝するためには、1次ラウンドは最低でも6ヵ国中4位までに入る必要がある。だが日本代表が1次ラウンドを通過できない可能性はほとんどない。となると全勝を目指すよりは、1次ラウンドでは代表選手たちの振り分けをしっかり行うことが大切だ。

短期決戦は活躍できる選手とそうでない選手がハッキリ分かれることがある。小久保裕紀監督はまずそれを正確に見抜き、決勝トーナメントで勝ち抜くための戦術を臨機応変に組んでいく必要がある。

ちなみに強化試合の結果は当てにはならない。その理由は世界ランク1位である日本のポイントは785.18だが、9位のプエルトリコは291.50と、日本の半分以下しか得られていない。そのため世界ランク6位以内に入っているチームと戦い、今後もっと正確な情報を得ていく必要があるだろう。

だが筆者があえて書くこともなく、そのようなことは小久保監督は百も承知だ。きっと本日行われる宿敵韓国との一戦も、鮮やかな日本野球でファンに快勝を魅せてくれるはずだ。今から19時のプレイボールが非常に待ち遠しい。






日刊野球ネイションの記事はすべて筆者ことKazuが個人見解の元、すべてオリジナルで作成いたしております。無断転載はお断りしておりますので、転載・転用をご希望の方は必ずご一報くださいませ。ご協力よろしくお願いいたします。
日刊野球ネイション
Copyright(C) 2015-2016 日刊野球ネイション All Rights Reserved.