藤浪晋太郎,金本知憲

トップページ > 阪神タイガース
2016年07月10日

藤浪晋太郎投手に対し罰投を課した金本監督、筆者の意見はノー

  • 藤浪晋太郎投手に対し罰投を課した金本知憲監督
  • その内容は8イニングス、8失点、161球というもの
  • これに対しアメリカのスポーツニュースはすべて批判的

logo-tigers.gifのサムネール画像

7月8日のカープ戦、阪神タイガースの金本知憲監督は藤浪晋太郎投手に対し罰投を課した。つまり調子が悪かったにもかかわらず8回まで投げさせ、計8失点するまで投手を代えなかった。そして球数は161球を数え、これは国内外で賛否両論あるようだが、筆者は意見は完全にノーだ。


まず161球という球数だが、これは実に馬鹿げている。ブルペンでの161球と、マウンドでの161球とではまったく質が違うし、心身ともに疲れ具合もまったく異なってくる。例えばブルペンで余裕で200球以上投げられたとしても、マウンドでの100球はもっと疲れるのだ。

金本監督のやり方は明らかに昭和だ。野球科学がそれほど進歩していなかった昭和であれば、「根性!根性!」でも良かった。しかし現代では根性論が選手を壊してしまうということがスポーツ科学の分野ではよく理解されている。もちろん根性は大事だ。だが根性とは人一倍練習をするための精神力だ。調子が悪いのに公式戦でいつまでもダラダラと投げさせることではないし、それによって金本監督が言うエースの責任が芽生えるとも思えない。

金本監督は監督1年目であるため、筆者は開幕当初は比較的温かい目で応援していたつもりだ。だがチーム状態が悪くなるにつれて、金本監督の采配に対して納得いかないことが増えてきた。先日書いた鳥谷選手に対する対応や、今回の藤浪投手に対する対応がまさにそうで、金本監督は選手をまったく活かせていないように筆者の目には映るのだ。

投手の場合、球数を投げて下半身が疲れてくると重心が浮くようになり、重心が浮くことによって相対的に少しずつ肘が下がってくる。そして肘が下がった状態で投げ続ければ肩肘への負荷は非常に大きくなり、故障のリスクを大幅に高めてしまう。金本監督はこのようなバイオメカニクスを理解されているのだろうか?肘は1〜2mm下がるだけでもパフォーマンスには大きく影響する。だが1〜2mmの差異はダッグアウトから目視する事はほとんど不可能に近い。

藤浪投手は将来性豊かな若き選手だ。こんな年齢で、しかもチームが最下位にいるような状況で161球も投げさせるべきではない。罰を与えたかったのであれば、試合後のグラウンドを10周でも20周でも走らせればいいではないか。

もちろん金本監督は来週のオールスター休みを見据えて投げさせたのだろうが、しかし藤浪投手はオールスターに選ばれている。このような後味の悪い続投、そして敗戦直後に、果たして藤浪投手はオールスターを満喫することなどできるだろうか。オールスターと言えば、普段は話せない一流選手たちに教えを請える場だ。その場を活かすことができるだろうか。

今回の金本監督の罰投に関しては、アメリカのスポーツニュースでも報じられている。だがどのニュースも冷ややかだ。金本監督の采配を支持する報道は、少なくとも筆者が見た限りアメリカでは皆無だ。それどころか批判的な報道ばかりだ。

今季の藤浪投手は開幕こそ3連勝で好調を維持していたが、その後は打線の援護に恵まれない試合も多く、現在は4勝5敗という成績にとどまっている。しかし好投しながら味方が援護できなかった試合を換算すれば、8勝5敗でも不思議はない。そして味方打線の援護を引き出せなかったのは他でもない、金本監督の采配によるものだ。

金本監督は、現役時代は誰よりも自分自身に厳しい素晴らしい選手だった。だが監督になってからは、監督に対しての自分に対してはあまり厳しくないように感じられる。選手批判することも多く、自らの采配ミスを認めるようなコメントはあまり聞くことはできない。敗戦の責はすべて将が担うべきだ。しかし金本監督は、選手が活躍しなかったから負けた、というニュアンスで語ることが多い。これでは選手は金本監督に付いて行こうとは思わないだろう。

やはり指導者経験0で監督になること自体が間違っていたのだろう。だが阪神球団は金本監督を監督にしてしまった以上、もうコーチや2軍監督として金本監督を監督として育成することはできなくなってしまった。となると残る選択肢は、このまま何年も我慢することで、1軍監督として金本監督を監督として育成するか、解任させるかの二択となる。

仮にこのままタイガースが最下位でシーズンを終えたとしたら、果たして阪神球団はどちらの選択肢を取るのだろうか?筆者は今からそれが気になるところなのである。





日刊野球ネイションの記事はすべて筆者ことKazuが個人見解の元、すべてオリジナルで作成いたしております。無断転載はお断りしておりますので、転載・転用をご希望の方は必ずご一報くださいませ。ご協力よろしくお願いいたします。
日刊野球ネイション
Copyright(C) 2015-2016 日刊野球ネイション All Rights Reserved.