高橋光成,フォーム

トップページ > 埼玉西武ライオンズ
2016年06月04日

強いボールを投げるのに理想的な高橋光成投手のフォーム

  • 高橋光成投手の投球フォームは低めに強いボールを投げるのに理想的
  • そのフォームは大谷翔平投手とも共通している。
  • 高橋投手には渡辺久信投手のようなダイナミックなエースになって欲しい

Kouna20160604.jpg

高橋光成投手は近い将来、埼玉西武ライオンズのエースになるはずだ。強いボールを投げるための投球動作、さらには投げっぷりそのものも非常に良い。球速表示にこだわるようなことさえしなければ、今後も安定して勝てる投手へと成長していけるだろう。

力を入れて投げた時は150km/h以上のボールを投げることができるが、ストレートのアヴェレージはだいたい140km/h台後半だ。近年の球速事情から言えばあまり速いようには感じられないが、しかし球速としては十分速い部類に入ることができる。だが高橋投手の場合はボールの速さよりも、強さの方を評価すべきだ。

高橋投手は188cmという長身投手であるわけだが、その身長に頼った投げ方をしていないのだ。ファイターズの大谷翔平投手にも同じことが言えるわけだが、しっかりと重心を沈ませ、低いところから低めに強いボールを投げる技術を持っている。筆者がよく言う角度のないストレートのことだ。ストレートは角度がなくなれば打者は非常に打ちにくくなるし、さらにはボールの回転数も増え、球質も重くなる。

ボールの回転数が増えればストレートの伸びもアップするため、現状の高橋投手がストレートで多くの三振を奪れていることに不思議はない。あとは今後時間をかけてカーヴを習得することができれば、ピッチングはもっと楽になるだろう。

現在高橋投手が主に投げている変化球はスライダーとフォークだと思う。だがこの2つの球種は両方共ストレートに対するマイナスの影響がある。スライダーは下手な投げ方をすると肘が下がってしまうし、フォークボールは肘がロックされやすいため肘痛を起こしやすい。だがカーヴに関しては、アメリカではセーフティカーヴという言葉もあるくらい、適切な投げ方ができれば肩肘を痛めるリスクは低くなる。

今後もしカーヴでカウントを稼げるようになれば、球数はもっと減らすことができるし、球数が減る分1球1球の質をもっと高めていくことができるはずだ。ライオンズには岸孝之投手というカーヴの名人がいるだけに、岸投手からカーヴを投げる技術を盗めると良いのではないだろうか。

埼玉西武ライオンズの次期エースは菊池雄星投手でもなければ、多和田真三郎投手でもないと筆者は考えている。岸投手に怪我が多い近年、次期エースは高橋光成投手が相応しい。投げっぷりにしても、投球フォームのダイナミックさにしても、現役時代の渡辺久信投手を彷彿させる。現在41番は誠投手が背負っているわけだが、誠投手も怪我に弱い一面を見せている。

もし今後も誠投手が伸びてこないようであれば、41番は高橋光成投手に背負わせて欲しいと筆者は期待している。渡辺久信投手同様群馬県出身だし、同じように10代から1軍で活躍を続けている。高橋光成投手には往年の渡辺久信投手のように、ストレートでファンを西武ドームに集めるエースへと成長していって欲しい。そしてきっとそうなれるはずだと、筆者は確信しているのである。





日刊野球ネイションの記事はすべて筆者ことKazuが個人見解の元、すべてオリジナルで作成いたしております。無断転載はお断りしておりますので、転載・転用をご希望の方は必ずご一報くださいませ。ご協力よろしくお願いいたします。
日刊野球ネイション
Copyright(C) 2015-2016 日刊野球ネイション All Rights Reserved.