栗山巧,橋上秀樹,佐藤友亮,奈良原浩

トップページ > 埼玉西武ライオンズ
2016年03月25日

開幕戦サヨナラ勝利のライオンズの総年俸はホークスの半分

logo-lions.gifのサムネール画像本記事のスマートフォンページ
今年の埼玉西武ライオンズはやはり一味違うように見える。近年のライオンズは、果たしてここまで粘り強さのあるチームだったろうか。昨季までのここ数年は、相手チームのエースピッチャーと対戦した際は比較的あっさり負けてしまうことが多かった。だが今季開幕戦は違った。まさかこのような劇的な勝利を魅せてくれるとは想像していなかった。

バファローズのエース、金子千尋投手はやはり簡単に点を与えてはくれなかった。6回までライオンズ打線は僅か1安打に抑えられており、雰囲気的には金子投手を打ち崩せそうにはなかった。だが0ー3とリードされた7回裏、一死から代打上本達之捕手がヒットで出塁すると、続く代打森友哉捕手が四球を選びチャンスメイク。そこから秋山翔吾選手の二塁打、栗山巧主将の犠飛、メヒア選手のタイムリーで一気に同点に追いついた。

だが同点の9回表のマウンドに登った高橋朋己投手が3安打を浴びて3−4と再び勝ち越されてしまう。昨年までのライオンズならここで終わるパターンも多かったのではないだろうか。しかし今季のライオンズベンチには作戦面を担当する橋上秀樹コーチの存在がある。9回裏をあっさりと終えることはなかった。

一死から秋山翔吾選手が四球で出塁すると、続く2番栗山巧主将がコーディエ投手が投じた外寄り154キロのボールを右中間に弾き返えした。これが三塁打となり同点に追いつくと、栗山主将は三塁ベース上で珍しく派手なガッツポーズをして見せた。そしてこの闘志が乗り移ったかのように3番メヒア選手がセンターにサヨナラヒットを放った。

今季ライオンズが見せてくれるであろう野球は、勝利はお金で買えるものではないということを教えてくれるのではないだろうか。埼玉西武ライオンズは主力選手のレベルは高いが、選手層は決して厚くはないし、金満球団のように多くの外国人助っ人を呼び集めることもできない。外国人打者に関してはメヒア選手1人しかいない。

今季ホークスの総年俸は約53億円だが、ライオンズはその半分程度の28億円となっている。野球というスポーツはオールスターチームが勝てるスポーツではない。チームがチームとしてどれだけ機能しているかが勝利の分かれ目となる。物凄い選手を数多く集めたとしても、それが仮にチームとして機能しなくなれば試合に勝つことはできない。だが三原脩監督曰く「超二流」選手ばかりであっても、適材適所で上手く選手の特性を活かしてあげれば、優勝することもできるのだ。

昨季のライオンズは4位に低迷したわけだが、しかし大型補強は行っていない。投手陣にバンヘッケン投手とC.C.リー投手が加わった程度で、大物選手の新加入はなかった。つまりこのように昨季とほとんど同じ顔ぶれであったとしても、戦い方が変われば順位も変わるということなのだ。そしてその戦い方を変えるためにライオンズは橋上コーチを招聘してきた。

今夜は選手たちの闘志に加え、橋上コーチがキャンプ中に選手たちの頭に植えつけてきた頭脳の相乗効果あってのサヨナラ勝ちだったと筆者は見ている。そして頭脳といえば今季から一軍外野守備走塁コーチとして、現役時代は頭脳明晰と呼ばれた佐藤友亮コーチが指導をしている。橋上コーチに佐藤コーチ、そして日本代表コーチも務める奈良原浩コーチの存在が、ライオンズを今季大きく変えていくのではないだろうか。野球らしい野球をする、かつての黄金時代の頃のような野球を見せてくれるのではないだろうかと、筆者は予想しているのである。






日刊野球ネイションの記事はすべて筆者ことKazuが個人見解の元、すべてオリジナルで作成いたしております。無断転載はお断りしておりますので、転載・転用をご希望の方は必ずご一報くださいませ。ご協力よろしくお願いいたします。
日刊野球ネイション
Copyright(C) 2015-2016 日刊野球ネイション All Rights Reserved.