工藤公康, 武田翔太

トップページ > 福岡ソフトバンクホークス
2016年01月17日

西武黄金期の強さを彷彿させる工藤公康監督率いるホークス

logo-hawks.gif福岡ソフトバンクホークスの戦力は本当に充実している。それは攻撃陣のみならず、投手陣も同様だ。他球団では開幕投手どころか、先発ローテーションさえ固定させられないチームもある中、ホークスは先発ローテーションから外れることもありそうな名のある投手までいるほどだ。

エースである攝津投手を中心とし、次世代エースとして期待される武田翔太投手、昨季は先発として9勝負けなしのバンデンハーク投手、ベテランとして安心感のある投球を見せ続ける中田賢一投手に寺原隼人投手、そしてメジャーから復帰した和田毅投手に、今季は肩の状態がかなり上がってきている松坂大輔投手。スタンリッジ投手が抜けた穴がまるで感じられない層の厚さだ。


そして先発候補は彼らだけではなく、今季は東浜巨投手や岩嵜翔投手の飛躍にも大きな期待を寄せることができる。ホークスはとにかくベテランと若手投手のバランスが良く、若手の突き上げが激しい分、主戦投手であっても一瞬たりとも気を抜くことができない。まるで黄金時代の西武ライオンズを見ているかのようだ。

黄金時代の西武ライオンズのレギュラー陣は、肉離れをしてもテーピングをグルグル巻きにし試合に出続けるほどだった。しかもそれによってパフォーマンスが大幅に低下することもない。つまりそうしなければならないほど、主力選手たちが危機感を持ってプレーをしていたということで、まさに今のホークスのような状況だった。

だが冷静に考えてみれば前監督は西武黄金期の不動の3番打者、秋山幸二監督であり、現監督は当時のエースであった工藤公康監督だ。今のホークスが黄金時代のライオンズを彷彿させても何ら不思議はない。

ホークスの若手先発陣だが、数年後には恐らく12球団随一の安定感を見せていくはずだ。その理由は工藤公康監督が大学院でスポーツ科学を学び、投手にとって最も大事な部位は股関節であると理解しているためだ。筆者は投球動作の専門家であり、それを職としている。そのため投球動作に於ける股関節の重要性は誰よりも理解しているつもりであるが、工藤監督も同様、いや、それ以上であり、その重要性を若手投手たちに強く説いている。

特に武田翔太投手は股関節とコアの強化を工藤監督から直々に厳命されており、これによって今季は、昨季以上のパフォーマンスを発揮できるようになるはずだ。股関節を強化し、それを投球動作内で上手く使えるようになると、肩肘への負担を大幅に減らすことができる。すると故障のリスクは減り、さらには試合の終盤になっても球威が落ちにくくなる。

西武ライオンズの黄金時代に身につけた帝王学と、最新のスポーツ科学を理解している工藤公康監督は、まさに最強の武器を両手に持った監督だと言えるだろう。そしてさらに投手コーチとして佐藤義則コーチの存在もある。佐藤コーチはプロ野球でも随一の指導理論を持たれている方だ。この監督にこのコーチありでは、若手投手たちが伸びていかないはずがない。

プロ野球は近年、連覇することが非常に難しくなってきている。そんな中ホークスはこの6年で二度の連覇を成し遂げている。そしてホークスの3連覇となると1950年代の山本一人監督、1960年代の鶴岡一人監督に次ぎホークス史上三度目の偉業となる。ただ今現在は一昨年が秋山監督、去年が工藤監督という形ではあるが、しかし3連覇となれば近年稀に見る偉業だと言えるだろう。

工藤監督にはぜひその3連覇を目指してもらいたい。もちろん筆者がここで望むべくもなく工藤監督は今季も優勝を目指していると思う。だがただ優勝を目指すのではなく、あくまでも3連覇という形を意識しながら優勝を目指してもらいたい。ちなみに工藤公康投手がいた頃のライオンズは5連覇を成し遂げている。工藤監督にはぜひ3連覇をただの通過点とし、西武黄金期を超える6連覇という高みを目指しながら今季も采配を揮ってもらいたいと筆者は期待を寄せているのである。






日刊野球ネイションの記事はすべて筆者ことKazuが個人見解の元、すべてオリジナルで作成いたしております。無断転載はお断りしておりますので、転載・転用をご希望の方は必ずご一報くださいませ。ご協力よろしくお願いいたします。
日刊野球ネイション
Copyright(C) 2015-2016 日刊野球ネイション All Rights Reserved.