杉内俊哉,引退

トップページ > 読売ジャイアンツ
2018年09月12日

野生的という言葉がよく似合った杉内俊哉投手も、ついに引退

  • 松坂世代の一流がまたユニフォームを脱ぐことになった。
  • 杉内俊哉投手こそが、投手の鑑。
  • これからはコーチとして高橋監督を支えてもらいたい。

logo-giants.gifのサムネール画像

またひとり、松坂世代の一流選手がユニフォームを脱ぐことになった。読売ジャイアンツの杉内俊哉投手だ。筆者個人としては松坂投手に並び、最も復活してもらいたいピッチャーのひとりだった。杉内投手に関して詳細を語る必要はもはやないと思う。その輝かしい実績は今なお、野球ファンの胸に深く刻まれているはずだ。


杉内投手と言えばホークス時代、やはり松坂世代の和田毅投手と共に両左腕エースとしてホークスの常勝時代を支え続けた。しかし同学年の同じ左腕であって、選手としての考え方はまるで真逆だった。和田投手はパーソナルコーチと共にビデオなどのツールを使いながら投球動作分析を行い、好不調の波を小さくしようと尽力するタイプだった。しかし杉内投手はほとんどビデオは見なかったという。ビデオに頼るのではなく、杉内投手はあくまでも自らの感性を信じた。

野生的という言葉がよく似合うのではないだろうか。調子がいい時の感覚、調子が悪い時の感覚を誰よりも敏感に感じ取り、その感覚の違いを元に調整をしていくのが杉内投手のやり方だった。

杉内投手、和田投手、このふたりこそがピッチャーの鑑だと筆者は今もなおそう思っている。

ふたりとも150キロ超えるストレートを投げることはない。ほとんどのストレートは140キロ前後で、ストレートが130キロ台ということも決して珍しくはなかった。それでも打者は口々にこのふたりのストレートを「どのストレートよりも速く感じる」と言う。これこそが筆者がよく口にする質の良いストレートということになる。ストレートで重要なのは球速ではなく球質なのだ。いくら球速が速くても、球質が低ければ簡単に打たれてしまう。しかし球質が良ければ130キロ台のストレートであってもプロの並み居る屈強な打者たちを翻弄することができる。

杉内俊哉投手にメジャー移籍願望はなかったようだが、全盛期の杉内投手であればメジャーリーグでも二桁勝利を挙げることができていたはずだ。それくらい杉内投手のストレートの質は高かった。球種は決して多くはない。投げる変化球といえばスライダー、カーブ、チェンジアップくらいだった。それでも奪三振数は剛腕松坂大輔投手を上回る。しかも松坂投手の奪三振数は投球回数を下回っているのだが、杉内投手の奪三振数は投球回数を上回っているのだ。つまり最低1イニングに1個以上奪三振を記録しているということになる。ピッチャー経験のある方ならおわりいただけると思うが、これはとんでもない記録なのだ。

ではなぜ杉内投手のストレートはそこまで球質が良かったのか?その秘密は股関節にある。杉内投手は肩肘を大きく使うことがなく、右股関節の深い内旋を使って投げるフォームを身につけていた。そのためにボールの回転数と回転角度が安定し、強いマグナス力を持つストレートを投げることができた。だからこそ平均140キロ前後のストレートでも簡単に空振りを取ることができた。ちなみに杉内投手は球持ちが良いとも言われているが、これも股関節の内旋が深いからこそリリーズポイントを打者に近づけることができているからだ。

だが杉内投手のフォームの生命線であった股関節が2015年を境に悲鳴を上げてしまい、手術を余儀なくされてしまう。そして術後の回復も芳しくなく、杉内投手のフォームは徐々に股関節よりも肩肘に頼った投げ方になっていってしまい、その結果肩の不調も併発するようになってしまった。杉内投手はシーズンを棒に振るような肩肘の故障はほとんどなかったのだが、それも股関節を使っていたからこその結果だった。だが股関節を思うように使えなくなってしまった今、もはや杉内投手は肩肘に頼って投げるしかなくなってしまったのだろう。それが無意識なのか意識的だったのかは関係なく。

近い将来、杉内投手は有能な投手育成コーチになるだろう。杉内コーチの指導を受けられれば、多くの投手が球質をアップさせるための方法を学べるはずだ。それをジャイアンツで行うのか、それともホークスに戻って行うのかは今はまだ誰にもわからない。だが杉内コーチのスキルは、常勝軍団とは呼べなくなってしまった今のジャイアンツを立て直すためには必要不可欠だと思う。

将来的には福岡に戻ることもあるのかもしれないが、しかしまずはジャイアンツの若手投手たちを一流選手として育て上げるという職に就いてもらいたい。投手としては高橋由伸監督を支えることはできなかったが、しかしこれからはコーチとして高橋監督を支える活躍を見せてもらいたいと筆者は願っている。





日刊野球ネイションの記事はすべて筆者ことKazuが個人見解の元、すべてオリジナルで作成いたしております。無断転載はお断りしておりますので、転載・転用をご希望の方は必ずご一報くださいませ。ご協力よろしくお願いいたします。
日刊野球ネイション
Copyright(C) 2015-2018 日刊野球ネイション All Rights Reserved.