読売ジャイアンツ,巨人,野球賭博

トップページ > 読売ジャイアンツ
2016年03月15日

円陣の声出し役に対し現金を賭ける行為に関する筆者の考え

logo-giants.gifのサムネール画像野球賭博問題に揺れる読売ジャイアンツに、またしても問題が浮上してきた。試合前の円陣で1人数千円ずつベットし、試合に勝てばその日声出しを担当した選手が全額もらうことができ、負ければ1人千円ずつ返されるという行為を、1軍のほとんどの選手が参加していたという。

弁護士たちのコメント記事を読むと、これは野球賭博には当たらないし、野球協約にある敗退行為(八百長)とも見做すことはできない。だが多くの人がこの行為は恥ずべきことであると声高に叫んでいる。しかしながら筆者個人としては、この行為が悪であるとは思わない。

試合に勝てばその日の声出しを担当した選手が全額(多い時は15万円前後だったようだ)貰うことができ、負けるまで声出し役を続けることができる。そうであるなら、声出し役の選手はいつにも増して気持ちを入れてプレーし、自分の活躍によってチームを勝利に導こうとハングリー精神を燃やすことができる。そしてその活躍によって自信が芽生え、普段のプレーの質も向上していくことだってあるだろう。

今回は野球賭博問題の最中にこのような話題が出て、しかもそれを野球賭博を行っていた中心人物である笠原将生・元選手が語ったために、問題が余計に膨れ上がってしまったように筆者には感じられる。

ある弁護士は、億単位の年俸を稼ぐ選手にとって数千円の出費は、缶ジュースを買うようなものだと表現している。確かに億単位の年俸を稼ぐ選手にとってはそうかもしれない。だが1軍選手の中には、サラリーマンと大差ない年俸しか得ていない選手だって含まれている。彼らにとっては、チームメイトから与えられる1回10万円以上の収入は決して小さくはない。弁護士であるならば、表面だけを見てそれらしくコメントすることは控えて欲しかった。

例えば1軍半で年俸もまだ低い若手選手であれば、自分の活躍でチームを勝利に導き10万円以上の臨時ボーナスを得られれば、それでバットを買ったり、サプリメントを買ったりすることもできる。自営業であるプロ野球選手はバット、グラブ、スパイク、ウェア、サプリメントなどは、メーカーとサプライヤー契約を結んでいない限りはすべて自腹だ。

仮に年俸500〜600万円の選手であれば、毎月数万円のサプリメントを摂取し続けることだって決して楽ではないはずだ。バットだって1本1万円で買えるわけではないし、ウェアだって1〜2枚持っていれば事足りるというわけではない。

確かにもっと活躍して年俸を上げて貰えばいい、と言ってしまえば話はそれまでだ。しかし1〜2年多少活躍したからといって、年俸はいきなり上がるわけではない。そしてどれだけ真面目に、必死に練習に取り組んだとしても、活躍できないことだってある。年俸の高い選手が多めにベットし、それを若手選手の励みにしていくことは本当に忌むべき行為なのだろうか。

そして何より、昨季は2位に終わったとはいえ、それ以前はリーグ3連覇を果たしているのだ。こうして結果を出しているわけだし、野球協約に違反しているわけでもない。それなのになぜここまでジャイアンツは叩かれなければならないのだろう。そもそもこのような行為がジャイアンツでしか行われていなかったと考える方が不自然だ。形は違えど、他球団でも同じようなことは普通に行われていたと考える方が自然ではないだろうか。

視点を少し変えてみると、先輩選手が後輩選手の成績にノルマを課し、それをクリアしたら数十〜数百万円する高級ブランド品をプレゼントすることもある。広義に解釈をすれば、これも声出し役に対しベットする行為とそれほどの違いはないのではないか。もちろん現金と物品という差、先輩から後輩への一方通行か否かという違いはあるわけだが、活躍や勝利によってチームメイトから恩賞を受けるという意味に違いはない。

野球賭博問題が再燃したタイミングで出てきた話だっただけに、ラジカルに書かれることもあれば、批判的に受け取られることも多かった。しかし筆者個人としては、勝利や活躍に対して仲間内で現金や物品をベットすることには賛成だ。ましてや億単位の年俸を稼いでいる選手であるならば、どんどん若手選手たちにベットし、彼らのハングリー精神を燃やす手助けをしてもらいたい。

敗退行為に繋がる野球賭博は悪であるが、勝利や活躍に対してのベッティングは生活を貶めない程度の常識の範囲内であれば、ハングリー精神を燃やすためには必要なことではないだろうかと、筆者は個人的には考えている。






日刊野球ネイションの記事はすべて筆者ことKazuが個人見解の元、すべてオリジナルで作成いたしております。無断転載はお断りしておりますので、転載・転用をご希望の方は必ずご一報くださいませ。ご協力よろしくお願いいたします。
日刊野球ネイション
Copyright(C) 2015-2016 日刊野球ネイション All Rights Reserved.