トップページ > 読売ジャイアンツ
2015年10月24日

現役を退く覚悟で就任要請を受けた高橋由伸監督

logo-npb.gif読売ジャイアンツの高橋由伸選手が引退表明と同時に、第18代巨人軍監督に就任することが発表された。2015年は選手兼任コーチという立場ではあったが、しかしこの立場からの監督就任は決して平坦な道のりではないだろう。2軍監督経験がない分、まずは監督業そのものを手探りで始めていく必要があるためだ。

選手として、監督という存在はよく知っていると思う。高橋選手はこれまで数多くの名将の下でプレーをしてきたからだ。しかし選手として監督という存在をよく知っていることと、実際に監督になるということはまったく別の話になる。監督業というのは非常に難しいポジションであるわけだが、しかし高橋監督ならば、きっと名将と呼ばれる存在になっていくだろう。

「巨人軍は紳士たれ」とはよく言われることだが、高橋監督はまさに巨人の選手の鑑とも言える存在だ。野球に対して非常に真摯な姿勢を貫いているし、周囲に対しても気配りができる人物だとよく耳にする。

過去、巨人軍に選手兼任監督は2人しかいなかった。しかも2人とも1940年代の選手で中島治康選手と、藤本英雄選手だ。中島兼任監督は優勝経験があるが、藤本兼任監督は監督として優勝することはできなかった。

近年プロ野球では古田敦也兼任監督、谷繁元信兼任監督が誕生したが、古田兼任監督は3位、6位。谷繁兼任監督は4位、5位と二人とも芳しい監督成績を残すことができなかった。近年の野球は非常に複雑化されていて、数十年前にはまだ可能だった兼任監督も、現代では想像以上に難しい状況になっている。

そんな状況を目の当たりにしてきたからこそ、高橋由伸選手は監督を引き受けるのならば、現役は引退すると最初の時点で言い切っていたのだろう。兼任監督は当然ながら、歴史ある巨人軍の監督を務めるというのはそれだけでも激務なのだ。とても選手兼任で務めることはできないと、高橋選手は初めからわかっていたのだろう。

非常に潔い決断だったと思う。筆者はこの決断を支持し、今後は監督としての高橋由伸という野球人を応援したいと思う。原辰徳監督という名将が築き上げてきたチームを、高橋監督がどのように受け継いでいくのか。筆者はそれを大きな楽しみとしている。

ただ、高橋監督はまだまだ若い。仮に来年・再来年巨人軍が最下位に転落したとしても、高橋監督を解任するようなことはして欲しくはない。指導経験が浅く、監督経験もなく、年齢もまだ若いということをわかり切って監督就任を要請したのだから、巨人軍には高橋監督を数年かけて監督として育て上げる、というくらいの気持ちで支えてあげて欲しい。そうしなければ、高橋選手が現役を退いてまでこの要請を受けた覚悟に見合わないと筆者は考えているのである。





日刊野球ネイションの記事はすべて筆者ことKazuが個人見解の元、すべてオリジナルで作成いたしております。無断転載はお断りしておりますので、転載・転用をご希望の方は必ずご一報くださいませ。ご協力よろしくお願いいたします。
日刊野球ネイション
Copyright(C) 2015-2016 日刊野球ネイション All Rights Reserved.