北海道日本ハムファイターズ,大谷翔平,栗山英樹,リアル二刀流,二刀流

トップページ > 北海道日本ハムファイターズ,大谷翔平
2016年04月12日

5番エースとして出場する可能性が出てきた大谷翔平投手

logo-fighters.gifのサムネール画像北海道日本ハムファイターズの大谷翔平投手が、本当の意味での二刀流に挑戦する可能性があるようだ。つまり投手として先発した試合でも打席に立つというものだ。筆者個人としてはこれには賛成だ。投げるのも打つのも良い状態であるなら、どんどん活躍の場を広げるべきだと思う。

そうなれば果たして打順は何番になるのだろうか。いつも通りクリーンナップを打つのか、それとも先発する時は下位打線に回るのか。だがやるならばいつも通りクリーンナップを打つべきだ。5番投手としてスタメンに名前を連ねれば、長いプロ野球の歴史を変える出来事にもなりうる。そしてそんな大谷投手の姿を見て、将来二刀流を目指す子どもたちも増えていくだろう。


パ・リーグには指名打者制度がある。これはつまり、投手の代わりに別の人が打っても良い、というルールだ。通常は投手にしか指名打者は立てないし、公式ルールとしても投手にしか指名打者を立てることはできない。そしてスタメンに指名打者がいなかった場合、試合途中から指名打者を立てることはできないし、試合中に解除したら再び指名打者を立てることもできない。

つまりこれらを考えると、大谷投手が終盤まで投げてくれれば問題がないわけだが、仮に早期ノックアウトされたり、怪我などのアクシデントにより早期降板となった場合、二番手以降の投手にも打順が回ってきてしまうということになる。大勢が決まった試合でならそれほど大きな問題にはならないが、もし接戦で大谷投手がアクシデントにより降板することになった時は、大きなリスクを覚悟しなければならない。

だがリスクはどんな状況であっても存在している。だからこそリスクを恐れたプレーや、リスクを恐れた采配はしてもらいたくはない。栗山英樹監督と大谷投手との間では、キャンプ中からすでにこのプランについて話し合いが行われていたようだ。そんな下準備があった中ファイターズは陽岱鋼選手、杉谷拳士選手が立て続けに怪我をしてしまった。そして野手陣が手薄な状況になってしまったからこそ、大谷投手の真の二刀流プランが現実味を帯びてきたということになるわけだ。

打順についてもう一度考えてみると、やはりクリーンナップを打つべきだろう。今季の得点圏打率は4打数2安打、打率.500、1本塁打、5打点をマークしている。チャンスには滅法強い姿を見せているのだ。こんな打者を下位打線に置くべきではない。そもそもクリーンナップでも下位打線でも、1試合で打席に立つ回数に大差はないのだ。シーズンを通せばもちろん大きな差が出てくるわけだが、仮にチームが1試合で9人の走者を出したとすれば、基本的には1番打者も9番打者も回ってくる打席の回数は4回で同じになる。併殺や盗塁死などがなければ、という話ではあるが。

回ってくる打席の回数に大差がないのならば、やはり勝負強い大谷投手はいつも通り5番を打つべきだろう。4番の中田翔選手と並んでいた方が、相手チームに取っても嫌な打線になるはずだ。

このプランは早ければ4月17日、つまり今週日曜日に行われる札幌ドームでのマリーンズ戦で実現するようだが、ファンとしては楽しみで仕方がない。日本には「エースで4番」という言葉があるわけだが、プロでそれを貫いた選手はいない。今回は実現したとしてもエースで5番になるわけだが、5番であっても十分プロ野球に歴史を加えるだけの価値はある。

大谷投手がエースとして先発し、そして自らのホームランで勝ち投手になるなんてことがあれば、これは新聞各社には号外を出すような出来事として取り扱われるのではないだろうか。野球ファンとしては今から今週の日曜日が待ち遠しくて仕方がない。






日刊野球ネイションの記事はすべて筆者ことKazuが個人見解の元、すべてオリジナルで作成いたしております。無断転載はお断りしておりますので、転載・転用をご希望の方は必ずご一報くださいませ。ご協力よろしくお願いいたします。
日刊野球ネイション
Copyright(C) 2015-2016 日刊野球ネイション All Rights Reserved.