コリジョンルール

トップページ > プロ野球
2016年06月15日

コリジョンルールでサヨナラとなった広島vs西武への意見

  • コリジョンルールは本当に野球をつまらなくしているのか?!
  • コリジョンルールの適用でサヨナラとなった広島vs西武
  • コリジョンルールは決して悪いことばかりではない!?

lions20160615.jpg
6月14日のライオンズvsカープの交流戦、最後はコリジョンルール適用によるサヨナラゲームとなってしまった。この1プレーに対し意見は賛否の否ばかりのように見える。しかしコリジョンルールの説明書きを読むならば、これは確かにコリジョンルールが適用される状況だと筆者には見える。

コリジョンルールによって野球がつまらなくなった、という意見は多い。確かにそうかもしれない。本塁でのクロスプレーは野球の醍醐味だった。だがそれはあくまでも観る側の意見でしかない。プレーする側からすれば、不必要な怪我を防ぐためにコリジョンルールは決してマイナスばかりではない。

今回のプレーでは、センター秋山翔吾選手からのバックホームがやや三塁側に逸れてしまった。それを上本達之捕手が三塁線上に移動してから捕球し、走者にタッチしアウトとなった。するとすぐさまカープの緒方監督が抗議に出て、ビデオ判定となる。そしてその結果コリジョンルールが適用されるべき状況だと判断され判定が覆り、ホームインが認められ、サヨナラゲームとなってしまった。

映像で改めて確認をすると、上本捕手は確かに捕球前の段階で三塁線の走路に入ってしまっている。審判の説明によれば、もっとギリギリのタイミングであればコリジョンルールの適用外となったようだ。しかし走路に入るのが早過ぎて「走路でボールを待ってしまった」ためにコリジョンルールが適用されてしまった。

昨季までの感覚でプレーをしていれば、今回の上本捕手のプレーは当たり前のプレーだ。しかしコリジョンルールが新設されたことをしっかりと踏まえているならば、これは上本捕手のミスだと言える。つまり上本捕手は走路でボールを待つ時間があったのだから、もう半歩内野エリアに入るべきだったのだ。そうすれば走路からは外れ、もう1テンポ早く捕球することもできた。

そして捕手と走者の両方が半歩ずつ内野エリアに近づくのだから、上本捕手の追いタッチの手が届かないということもない。少なくとも筆者にはそのように見えた。つまりこれはコリジョンルールの新設に不満を漏らすべきではなく、捕手の技術不足に不満を漏らすべきなのだ。

確かにもう半歩内野エリアに入ったら、走者はもっと回り込んでホームインしてくる可能性もある。だが回り込まれるという意味では、それは昨年までも同様だったはずだ。走路で待ち構えていても回り込まれてホームインされる場面は決して珍しくはない。また、今後はコリジョンルールの適用を狙って走ってくる走者も増えてくるはずだ。

コリジョンルールはもう存在しているのだ。コリジョンルールが存在している限りは、コリジョンルールに不満を漏らしても仕方がない。不満を漏らすのは自分でプレーをすることのないファンの役割だ。選手たちはコリジョンルールありきのプレーをしていかなければ、どんどん時代に取り残されてしまうだろう。

ダイレクト返球をする外野手や、カットに入る内野手に関しても今後はもっと制球力を高めていかなければ、バックホームを待ち構える捕手を困らせることになってしまう。コリジョンルールとは選手の不必要な怪我を防ぐという意味もあるし、守備側の守備力を高めるという意味もあると筆者は考えている。

野球で一番大事なことは怪我をしないことだ。それ以上に大事なことはない。怪我をすれば練習ができずに上達することはできないし、怪我をすれば試合に出られないため年俸を上げることもできない。上達するためにも、活躍するためにも、年俸を上げるためにも、怪我をしないことが何よりも重要だ。そのことをフォローしてくれるのがコリジョンルールだと筆者は理解しているである。





日刊野球ネイションの記事はすべて筆者ことKazuが個人見解の元、すべてオリジナルで作成いたしております。無断転載はお断りしておりますので、転載・転用をご希望の方は必ずご一報くださいませ。ご協力よろしくお願いいたします。
日刊野球ネイション
Copyright(C) 2015-2016 日刊野球ネイション All Rights Reserved.